TPiCS-Xの活用例

生産管理の課題解決を実現するTPiCS-Xの効果的な活用例を紹介します。

負荷状況を考慮した生産計画を実現する「部門別ガントチャート機能」

部門別ガントチャート機能
  • 無理のない生産計画の立案や早期にお客様への納期回答が可能に

  • 変更時に関連する工程も合わせて変更されるため、計画立案が容易に

  • 負荷が偏る場合、前倒し計算で負荷の山崩しをすることで平準化ができるように

現場の進捗、遅れ理由の確認が可能な「着手信号機機能」

着手信号機能
  • 前工程の状況を鑑みた生産変更が容易に

  • 早期判断が実現したことで、工期短縮や早期にお客様・仕入先の調整が可能に

ロットトレーサビリティーに対応した「製造履歴管理機能」

製造履歴管理機能
  • 製造実績から原料方向(トレースバック)、投入実績から製品方向(トレースフォワード)のロットトレースが早くかつ容易にできるように

  • 生産指示を原材料ロット指定で行うことが可能に

E-BOMからM-BOMへの変換が可能な
「構成情報変換機能」

構成情報変換機能
  • 一つのデータで連係処理ができるので、設計変更を漏れなく、素早く反映が可能に

  • 構成変更時にも手配済データから不要になったものや追加手配が必要なものを見つけ出すことが容易に

無料相談申し込み

自動車製造の分野はもちろん、アパレルや医療・文具・コンビニエンスストアなどの様々な業界で利用されるシステムのコンサルティングからソリューションまでを一貫して構築する豊田自動織機ITソリューションズが、お客様のお困りごとの解決にお応えします。

Read more