原価管理・分析mcframe 7 PCM

    mcframe 7 PCMの主な特徴やシステム機能図を紹介します。

    mcframe 7 PCMで実現できること

    mcframe  7 PCMは、全社部門、工場ごと、部門ごとなど、任意のグループごとに原価計算を実行し、分析・確認できます。
    また、グループ単位や個人単位でデータアクセスを制御し、複数会社での利用にも対応しています。
    外部システムとの連携を行う標準インタフェースを備えています。既存の基幹システムをお使いのまま、原価管理単独での導入も可能です。豊富な標準機能に合わせTIISが持つ運用ノウハウのご提案を合わせる事で、お客様の企業成長と共にシステム拡大を実現することができます。

    高度なコストマネージメントの実現

    mcframe 7 PCMは製造部門、営業部門、事業部門など様々な視点から、シミュレーションによる原価目標を設定できます。
    コストの実態を正確に捉え、次のアクションにつながる原価・損益分析を可能とします。
    各部門が自律的にコスト改善・利益獲得を進めるための「戦略的な原価管理」を支援します。

    ①-1

    PDCAサイクルを支える4つの原価計算

    mcframe 7 PCMでは、利用場面に応じたPDCAサイクルを実現するため、4つの原価計算を提供しています。
    標準原価と実際原価を組み合わせての差異分析や予算原価と実際原価を組み合わせて予実比較など、戦略的な原価情報の活用を実現します。      

    ②-1

    原価シュミレーションで利益を創り込む

    ビジネス環境の変化に素早く対応するために、任意の条件に基づいて原価見積のシミュレーションが行えます。
    標準原価シミュレーションによる原価の創り込みや、通期・期中での予算原価シミュレーションなど、様々なシーンで活用できます。

    img5

    きめ細やかな配賦により実態に即した費用配分を実現

    mcframe 7 PCMは、きめ細やかな配賦機能により、実態に即した費用配分を可能にします。

    ④

    さまざまな切り口で原価と利益を分析

    mcframe 7 PCMでは、製品別の収益性を判断するために、限界利益を把握し、収益性視点・機会損失視点で分析が可能です。
    売上原価計算では、製造変動費だけでなく、運賃などの販売変動費を製品直課することで真のCVP分析を実現し、利益獲得能力を正しく評価できます。
    品群別P/L・品目別P/Lなど各種レポートの出力も可能となっています。

    img6

    mcframe 7 PCM システム機能図

    img7

    TIISがお悩みを解決します!

    私たち豊田自動織機ITソリューションズ(TIIS)は、単純なシステムのご提案だけでなく、お客様の課題と運用をもとに業務改善点を見つけていきます。
    システム導入において、決してお客様主体だけにすることなく、プロジェクト全体の成功のために運営支援を行っております。

    無料相談申し込み

    自動車製造の分野はもちろん、アパレルや医療・文具・コンビニエンスストアなどの様々な業界で利用されるシステムのコンサルティングからソリューションまでを一貫して構築するTIISが、お客様のお困りごとの解決にお応えします。

    Read more