生産順序指示システムの活用例

製造工程の見える化を実現する生産順序指示システムの効果的な活用例を紹介します。

リアルタイムな実績監視による見える化を実現

実績収集、進捗管理

リアルタイムで進捗を把握することで、以上の発見と問題の顕在化を図ることができます。
計画対実績で進度を確認することで、遅れ工程への迅速な対処も可能です。

紙帳票の印刷、配布を廃止しペーパーレス化を実現

ペーパーレス化

紙を使うと印刷、配布、回収、転記の作業が発生します。
また印刷して現場へ届けるリードタイム、回収して転記するリードタイムを経なければ情報共有されず、作業工数も発生してしまいます。
ペーパーレス化によって、作業自体をなくし効率化する事ができます。

無料相談申し込み

自動車製造の分野はもちろん、アパレルや医療・文具・コンビニエンスストアなどの様々な業界で利用されるシステムのコンサルティングからソリューションまでを一貫して構築する豊田自動織機ITソリューションズが、お客様のお困りごとの解決にお応えします。

Read more